マイポータルゲームアクセスヘルプi-revoトップ

beatnation Records

COLUMN

L.E.D

2008.07.02

Back to Back vol.11

L.E.D.

アーテストへ質問、リクエストを送ろう!

どうも、L.E.D.です。 前回の更新では確か電人Kの制作直後だったと思います。あれからまだ1ヶ月と
少しといったところだと思うのですが、いまはなんといっても

Sota Fujimori 1st Album beatnation Records「SYNTHESIZED」

がアツいですね。DISC 1は当然のごとくCD1枚分丸ごとSotaさんのターン!が続く訳で、
こちらに関しては私自身、1リスナーとして完成を非常に楽しみにしています。
そしてDISC 2では、最早beatnation Records名物といっても過言ではない?
beatnation CrewをはじめとするSotaさんと親交のあるリミキサーさん達による
Remix大会、通称「友情のDISC 2!」となっております。あ、「友情のDISC 2!」は
私が言ってるだけで通称ではないかもしれませんが。

それはさておき、「好きこそものの上手なれ」と言う言葉がありますよね。
聞くところによるとSotaさんは、ある切っ掛けを境にシンセが好きになり、シンセ好きが
こうじて今の状態になったそうです。で、いつのまにかご自身の部屋がこのようなことに
なった、と。↓

http://www.konamistyle.jp/sp/sota_1st/index.html

Sotaさんの魂が形になったような部屋ですね。

やや話が反れましたが、「好きこそものの上手なれ」という言葉をSotaさんは非常によく
体現されていると、私は常々思っていました。もちろん音楽的な資質のようなものも兼ね備えて
いらっしゃったとは思うのですが、Sotaさんご自身がコラムのVol.3で言及されている様に、
一つの物事を好きになり、その道をまい進していった結果今に至っている、と。

そんなSotaさんの集大成とも言える渾身の一枚「SYNTHESIZED」、Sotaさんファンの方々は
勿論、すべてのBEMANIファンにとってマストな作品になると思います。




ちなみに、翻って私自身に関してですが、私がこの業界のこの職種に付いたのは、ゲームが好きで、
音楽が好きで、ゲーム音楽が好きで、ただそれだけの理由でした。さらに私の場合は、正直音楽的な
資質というものが自分にあるかどうか分からないままにこの業界に飛び込んだおかげでこの職種に
ついてから今まで苦労がとても多かったです。自分の好きな事を突き詰めて夢を叶えるのは確かに
素晴らしい事だと私自身思いますが、やはり資質や適正と言った物は、ある程度あったほうが
いいみたいです。

ただ、それを承知でその道に進みたいと考えるのであれば、人より苦労しながらその道を進むのも悪くは
ないと思います。あまり無責任なことは言えませんが。

beatmania IIDX GATEWAY

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution