マイポータルゲームアクセスヘルプi-revoトップ

beatnation Records

COLUMN

Sota Fujimori

2008.05.07

Back to Back vol.3

Sota Fujimori

アーテストへ質問、リクエストを送ろう!

ハロ~!第三回目はわたくしSota Fujimoriがお送り致します♪ 

過去にやったbemani Live(渋谷Womb, 川崎クラブチッタ)の時も出番が三番目でしたが、
なんと偶然にも今回も三番目ということで少々驚いております☆

YoshitakaくんとRyu☆くんも言っていたようにbeatnationメンバーはみんな大の仲良しなんです。まさに家族ですね。
ほんと~にみんないい人達で6人が集まるともう楽しくて仕方がありません。一緒にライブしたり食事をしたり遊んだり
何より笑顔が耐えないのが素敵なのです。可能な限り永遠に続いて欲しいと思うと同時にさらなる飛躍を目指して
我々も頑張っていきたいと思います。

サウンドクリエーターという道を選んだ僕達は過去に様々な葛藤と戦ってきました。(少なくとも僕はそうです) 
これでいいのかな?成功しなかったらどうしよう? 
そんな不安がつきまとう日々をさんざん送って今まで生きてきた訳です。
「一番好きなことは趣味にしておくのが良い」という言う人もいますが、僕は学生の頃からそれに納得出来ませんでした。
僕が思うに好きなことは絶対に続けるべき!!夢はあきらめちゃいけない!!と思うのです。これはサウンドクリエーター
に限った話ではなく何でもです。料理人になりたければ、続けるべきだしサッカー選手になりたければ、ひたすらサッカー
をするべきだと思うのです。なぜか? それはそれを実行しないで歳をとると「あの時もっと頑張っておけば良かったぁ」
って後悔する時が必ず来るからです。 

大学生の頃毎日通っていたコンビニの店員と仲良くなりました。ある日「ところでSotaはどこの大学行っているの?」
と聞かれ「○○大学です」と答えたらそのコンビニの店員は「マジ?オレも昔そこに行っていたんだよね!オレも
Sotaの歳まで戻れたらもっと頑張って今頃はスターになっていたな!」と言っていました。その瞬間思ったのです。
僕は今頑張らないと彼のように後悔してしまうんだってね。毎日そのコンビニに行っていたので、彼を見るたびに
頑張らなきゃって学生時代は一生懸命でした。

皆さんも夢は何かしらお持ちだと思います。もし可能性と自分を信じられるのなら続けるべきです。
他人になんて言われようと自分が正しいと思えば間違えは無いのです。ちなみに僕は両親から将来どうするの?
と聞かれた時「シンセを極めた人になる!」と昔から宣言していました。不安を隠せないどころが猛反対されたし
正直自分でもそんなのでメシが食えるのかなぁなんて不安ばっかりでした。だけどシンセをとことんやり続けた結果
今の自分がいるんだなって思うのです。そして話は戻りますがbeatnationのメンバーとも出会えたのです。

長くなりましたが皆さんも夢は諦めず最後まで頑張って下さいね!! 応援しています!!

☆今回の一言☆

夢は夢で終わらすな!!努力の向こうには結果が待っている☆

Sota Fujimoriでした(^^)/

beatmania IIDX GATEWAY

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution