マイポータルゲームアクセスヘルプi-revoトップ

beatnation Records

COLUMN

L.E.D.

2008.05.14

Back to Back vol.4

L.E.D.

アーテストへ質問、リクエストを送ろう!

どうもL.E.D.です。

私は現在アルバム制作を終え、次回作の制作にそろそろ入っている所ですが、
今回のアルバムでもbeatnation Crewの皆さんには本当にお世話になりました。
このコラムの流れ的に現在裏テーマとなっている「絆」を強く体感できました。

さて、話は変わりますが、これをご覧の皆さんは普段どの様な音楽を聴いていますでしょうか?
これは個人的な事なのですが、私がbeatmaniaで楽曲を制作する際は、
ゲームバランスの事やタイトルのコンセプト等を考慮して制作しているのはもちろんなのですが、
それと同時に自分の楽曲を聴いてくれた皆さんがさらに楽曲のジャンル自体に興味をもってくれたらいいなぁ、
という風に考えて楽曲を制作しています。

例えば私ならHardcore やPsychedelic Trance等を制作することが多いのですが、
Hardcoreでもっと良い曲ないのかな、とか、サイケでこいう感じの曲もっと聴きたいな、とかいう感じで、
自分の楽曲を聴いてくれた皆さんがさらに先に進む様になってくれると良いかな、と思っています。
幸いにも今はネット環境が普及して、ジャンルで検索すればそのジャンルの多くの楽曲に巡り合う機会が
得られるのではないかと思います。(ちなみに私がHardcoreに興味を持ち始めた頃は、
情報量そのものが少なかったのと、自分が情報を入手する術をあまり知らなかったのが相まって、
HardcoreのCDがどこで手に入るのかを探すのにも一苦労でした。)

今回のアルバム「電人K」では、新曲に加え、ゲームで使用された楽曲の世界観を拡張する形での
フルサイズミックスを中心に制作を行いましたが、今回も制作の際には上記で述べた、
アルバムを聴いてくれた皆さんが、「さらにその先に」進んでくれたらいいなぁ、と言うのを
考慮しつつ制作しました。「さらにその先に」進むことで、そのジャンルへの理解が深まり、
それは皆さんのビートプレイライフをより豊かなものにすると思います。

まあ私の勝手な願望ですが、気が向いたらでいいので、もし宜しければどうぞ。

それでは、また。

L.E.D.

beatmania IIDX GATEWAY

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution