マイポータルゲームアクセスヘルプi-revoトップ

beatnation Records

COLUMN

dj TAKA

2010.03.03

Back to Back vol.86

dj TAKA

アーテストへ質問、リクエストを送ろう!

blogでも書きましたが、AOUにお越しいただきました皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。

僕の方は、AOUで遅れてしまった制作の方を取り戻すべく、色々平行して制作の方を進めています。

新しいボーカリストのテストなど、制作に充実した日々を送ってます。

さて今日は、社内でも話題騒然となっています、我らがkors k君の「Ways For Liberation」リリーススペシャル動画が配信となります。

観ていただくまでは多くを語りませんが、kors kファン、IIDXファンの方は必見!だと思いますので、

まだ観てない方、今すぐチェックを!
http://bmf.i-revo.jp/beatnation/special/index.html


Q.
つい先日開催されたリミックス募集企画に応募したのですが、
データを郵送した後で、知り合いの一人が、
自分が作った作品がリミックスではなく、アレンジになるのではないか、
という風に言っていました。

そこで質問なのですが、
リミックスとアレンジの違いはどのように解釈すればいいのでしょうか。

ぜひTAKAさんの意見を聞かせてください。


A.
ご応募いただきましてありがとうございました!
その昔、リミックスという言葉が出始めた時代、多分70年代のディスコシーンのDJが走りだと思いますが、
この時代はまだ、当然ハードディスクレコーディングなんてものはなく、マルチのテープだったんですよね。

当然、元の素材を劇的に加工して云々、なんていうのは今できることとはほど遠く、
BPMの上げ下げすらままならないような状況だったと思うので、
当時のリミックスは、ダンス向けにリズムトラックを組み替えるくらいのことが限度だったと思います。
アレンジとはまったく違った制限があったことが想像できますよね。

時は流れて2000年代に入り、どこのスタジオもハードディスクレコーディングが主流になって以降、
原曲の素材は、数あるライブラリ同様アレンジの素材として使用できるようになりました。
つまり、オリジナルのセッションに自分の素材を足していく、というリミックスから、自分のセッションにオリジナルの素材を持ってくる、という逆の発想が可能となった訳です。
リスナーにとっては後者の方が、オリジナルとは全く異なるトラックが楽しめるということで、求められる傾向が強く、
こうなってしまえば最早、アレンジと作業的には全く同じな訳で、
これはアレンジかリミックスか、区別することは今の時代には実質的にほとんど意味がないのですが、
現在の一般的な定義として、オリジナルの素材を使用しているかしてないかで、リミックスかアレンジかは区別されていると思います。

ちょっと専門的になりましたが、曲作ってる方への回答ということで。



Q.
ボクはまもなく高校卒業になります。

3月に卒業ライブがあるのですが、メンバーでいつもの会議をしていたら、
3年間の最後の思い出にオジナルの曲を作ってみようじゃないかとなりました。


そこでお聞きしたいのですが、
作曲をするにあたってまず何をしたらいいのか教えて欲しいのです・・・。


やはり先に作詞をしてそのイメージから曲を作るのですか??


もう本当にどうしたらいいのかわかりません;w;

よろしければ教えてください!!!!!!


A.
これは前にもどこかでお話しましたが、どうやって曲を作るのか、というところは、
専門学校でも音楽大学でもどこでも教えてはもらえないんですよね。

音楽理論の話って、こういうアプローチがあるとか、こういう進行はしてはいけないとか、
補助的な部分でしかなくて、本質的には、自分が通ってきた道、経験から導き出していくしかないんですよね。

ではまず何をすべきか。
誤解を恐れずに言えば、まずは憧れのアーティストを真似するところから始めていいと思います。
実際、バリバリに活躍している有名なアーティストたちも、ほとんどの人が、最初は影響を受けたアーティストを真似るところから入って、
やがて自分のスタイルを確立していってるんだと思います。
音楽の世界は、全く新しい音楽やジャンルを創出したりできる人は一握りの天才であって、
ほとんどの人が、先駆者が開いた道をなぞりながら、自分のスタイルを作っていると思います。
極論を言えば、ドレミファソラシドの12音階を使ってる時点で、表現方法として先駆者の道をなぞってるとも言えますね。
だから、入り口がマネだったり、形から入ることは悪いことではないのです。
自分のスタイルは、後から必ずついてきます。

まずは、自分の好きなアーティストみたいな曲を作ってみましょう。最初はそっくりな曲でも構いません。
やがて、そっくりな曲では満足できなくなってくるはずです。
そこから先があなたのオリジナリティになる訳ですね。

って、ひょっとしてもうライブは終わってますかね・・・
まだでしたら頑張ってください!




 

beatmania IIDX GATEWAY

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution