BEMANI MUSIC FOUNDATION

beatnation Records

COLUMN

L.E.D.

2010.06.24

Back to Back vol.94

L.E.D.

アーテストへ質問、リクエストを送ろう!

どうも、L.E.D.です。

さて、4月の下旬から6月にかけまして、beatmania IIDX 18 Resort Anthemのロケテストを
行いましたが、各ロケーションにお越し下さいました皆さん、そしてアンケートやロケテノートに
ご意見を書き込んで下さいました皆さん、本当にどうもありがとうございました!
今回のResort Anthemは如何でしょうか?
今回のコンセプトはタイトルの通り、「リゾート」をテーマにした楽曲をメインにコンパイルして
お送りする予定ですが「リゾート」と一言で言っても各コンポーザーさんなりに様々な形の解釈
がある様で、おかげさまでバラエティに富んだ楽曲が集まって来ております。
また、今回はPASELIを実装する初のIIDXとなる訳ですが、PASELIを利用した新しい遊び方を
皆さんに提案すべく様々な施策を練っている所です。
製品版の稼動はもう少し先になりますが、皆さん楽しみにしてお待ち頂ければ、と思います。


そんな訳でQ&Aでも。

Q:
ずいぶん前に「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS」で「THE EARTH LIGHT」に似たような曲が
VSプレイの中にあったのですが、あれは原曲をそのまま使ったのですか?
個人的にANUBISのサウンドの中で「zakat」がお気に入りです。


A.
ちょっと懐かしいタイトルですね。知らない方もいらっしゃるかも、と言うか知らない人が
大半かもしれませんが、「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS」は2003年に弊社より発売された
ロボットアクションゲームでサウンドには私やDr.Honda、Macky等が参加しておりました。
といってもメインはDr.HondaとMackyで私は開発の中盤からヘルプ要員として参加したのですが。

で、「THE EARTH LIGHT」ですが仰るとおりANUBISのVSプレイのBGMの内の一つとして
使用されております。こちらはANUBISで使用する際に、曲の長さがIIDXバージョンだと短い
ので長くして欲しい、と、もう誰かは忘れましたが、たしか誰かから言われた為、曲の長さを長くし、
さらにせっかくだからと言うことで使用している音色をすべて一新しました。
ちなみにアルバム「電人 K」に収録されている「THE EARTH LIGHT」は、このANUBISの
バージョンを元に制作しました。

で、「zakat」ですが気に入って頂けて非常に光栄です!

ところで全くどうでもいいことかもしれませんが、ゲームをプレイする側としての私は、いわゆるロボゲーの類
が大大大スキでACとかFMとかもう最高です。昨今ゲームに費やす時間が以前に比べてめっきり減った
私ですが、これらのゲームをプレイする際は、心の内のテンションが上がるのを今でも感じます。
あ、でもロボゲーなら何でもいい訳ではなく、ロボの操作感(超重要!)等に問題が無く、
ゲームとしての機能を十分に果たした上で、なおかつ世界観やデザインがカッコイイのが大前提です。
まあ一口にロボの操作感といっても、スピード感を演出として表現するのか、ロボの重厚感を演出として
表現するのかで話は変わるでしょうし、あるいは不自由な操作感が逆にゲーム性に直結していてイイ、
みたいな、、、、

、、、失礼しました。私のロボゲー論など、どうでもいいですね、、。

話がそれましたが、ロボゲーのほぼお約束的要素として、敵の巨大メカとの戦闘みたいなのがあると思うのですが、
個人的にこの巨大メカとの戦闘と言うのはロボゲーの華であり、「燃え」ポイントなのではないかと考えている訳です。
で、「zakat」という曲は、主人公ロボ、ジェフティと敵巨大ロボ、ザカートの戦闘中に流れるBGMなのですが、このパートは
まさにANUBISのいくつかある「燃え」ポイントうちの一つを担っているパートなのではないだろうか、と当時の私は考え、
プレイヤーの皆さんのテンションが否応無く上がり、「燃え」ることが出来る感じのBGMにする様、心掛けて制作したのを
憶えております。


そんな感じで、今回はこの辺で。
ではまた。


L.E.D.

 

beatmania IIDX GATEWAY

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution