マイポータルゲームアクセスヘルプi-revoトップ

beatnation Records

COLUMN

L.E.D.

2010.07.01

Back to Back vol.95

kors k

アーテストへ質問、リクエストを送ろう!

凄い暑さ!!
7月突入と言うことで(?)、夏に向けて(!?)元気に部屋で引き篭もって制作に没頭しております!
どこかリゾート地でアンセムしたいからね!今頑張ります!


Q:
初めまして。最近になってこのサイトの存在に気付きました「笑」
実は、自分、今までポップンしかやってなかったのですが、
試しにやってみたシリウスにはまってしまいました!
その頃エレクトーンやっているのですが正直辞めようかと考えてました。
しかし!そんな自分が恥ずかしくなりました。
皆さんのこれでもかという自信満々、個性溢れる楽曲たちに圧倒されました!
おかげでエレクトーンも辞めずに続けています。
特にProgrammed SUNが一番のお気に入りです!
これからもバンバン出してください!
さて、質問なのですが、自分もシンセに興味がわいてきちゃいました♪
だからもしシンセ買ったらまずはProgrammed SUNを再現したいと思うのですが、
特に心がけなきゃいけないことはありませんか?


A.
早速のご質問、ありがとうございます~。
エレクトーンと言えばSota Fujimoriを思い出しますね~。
頑張って続けて彼のような偉大なプレーヤー/プロデューサーになっちゃってください!

ファーストシンセの相談のつもりでお答えいたします!
やりたいジャンルにも大きく左右されるのですが、Programmed Sunと言うことでいくつかアドバイスを。
キーワードは「ヴァーチャルアナログシンセ(以下VA)」です!

10数年前くらいからですかねー、VAが一般的になってきたのは。
それまでピアノやオルガン、ギターやドラムなどがい~~~っぱい入っているシンセがマーケットの大半を占めていました。
それらのシンセは総称してPCMシンセと呼んでますが、楽器の音などのシンセ内にサンプリング(録音)された物を加工していく物です。

それに対してヴァーチャルアナログはピアノやギターなどなど生楽器系の音を搭載しておらず、
ピーとかブーとかジーとかとても単純な音の種類をいくつか持ってます。
イメージ的にはPCMシンセが音を「再生」させるのに対して
VAは音を「発する」って感じでしょうか。
(市販のお惣菜を買って来て調理するのがPCM、ゼロから自分で作るのがVAってとこかな?)

「そんな単純な音ならPCMにも当然搭載されてるんでしょ?だったらPCMの方がお得じゃん!」
と思う所なんですが、二つのシンセの大きな差は編集能力にあります。
VAはシンセらしい音ならなんでも作れちゃったりします。
上で挙げた「単純な音」を細かく揺らしたり、歪ませたり、ボリュームの時間的変化をいじったり、などなど。
音が鳴る原理を把握するまでは少し苦労するかも知れませんが、慣れてしまえばどんな音でも作れちゃう優れもの!

というわけで、随分前から僕はVAシンセメインで楽曲制作をしておりますが、
もちろんピアノやギター、ドラムなんかはPCMシンセで、と使い分けてます。
(ブラックミュージックは今でもPCMメインの楽曲が多いですね)
現代にはソフトシンセと言うパソコンをシンセにしちゃう便利な物もありますし、それらには体験版なんて物もありますので
色々と試してみて、まずはシンセがどういう物なのかより詳しくなってみるのがいいかと思います!


Q:
前から気になっていたことを質問させていただきます。
Programmed World で曲の頭に鳴る
「ギュルギュルギュルギュルギュギュギュウウィーーーオン」
という音はどうやって出しているのですか?


A.
あの音はサイケトランスではかなり定番の音だったりします!
まさに上の質問で出てきたVAシンセならではの音なんです。

まずは基本の波形「ノコギリ波」を選んで、
LFOと言う周期的にパラメーターを変化させるセクションにノコギリ波の音程(ピッチ)をアサインしてやります。
これでLFOにシンセのピッチが同期して、ピッチが上がったり下がったりします。
そんでもってLFOの周期を早い方から遅い方に徐々に落としてやると、出来上がり!
どれくらいの速さで揺れるか、どのくらいの割合で揺れるかも設定出来ますのでお好みで!


Q:
アルバム買いました!
kors kさんのProgrammedシリーズがこれで完結してしまったわけですが、
またシリーズ物を作ってくれませんか?
もし作ってくれるのだったらどんなジャンルでも楽しみです!
あ、僕はProgrammedシリーズは全部好きですが、中でもlifeが一番好きです!


A.
アルバムお買い上げありがとうございます!
今更なのですがアルバムレビューというか、制作振り返り日誌みたいのをBlogでやろうかと思っております。
が、曲数が多いので暇を見ての更新になると思います。汗
僕のオフィシャルBlogのチェックもよろしく!
ブックレットに文字情報を極力入れたくなかったため、載せていなかったボーカル楽曲の歌詞なんかも載せたいですねー。

ちなみにProgrammedシリーズは番外編を作ろうかと思ってます!(笑)


Q:
kors kさん、初めまして!
アルバム発売おめでとうございます!
発売日に購入して聞かせていただきました。
今回のアルバムで一番気に入った曲は、Yoshitakaさんとのコラボ曲「Juicy」です。
Heaven aboveでkors kさんの歌声を初めて聞いて以来、「セクシーな声だな~また歌って欲しいな~」と思っていました。
お二人とも凄く歌がお上手で、キャッチーなメロディも印象的でかつ心地良く、いつまでもリピートしたくなります。
他の曲ももちろん、好きな曲ばかりで、発売日からずっとヘビロテ中です。
IIDXの新作ロケテも始まり、kors kさんの新曲を早く聞きたいと思っています。
これからも頑張って下さい!


A.
メッセージありがとうございます!
Juicyいい曲ですよねー。僕もお気に入りです!
最初はteranoid vs 朱雀を考えていたのですが、アルバムのバランスを考えて歌物にしちゃいました。
よし君から送られてきた原曲は「おぉ、SM○Pっぽい!」とつい声に出して言っちゃうくらい、ポップで爽やかな曲でした。
アレンジャーとしての腕の見せ所だったので、イメージをガラリと変えさせて頂きました(笑)

新曲は期待しておいてもらって大丈夫だと思います!!
Resort Anthemがリリースされた暁にはプレーしまくっちゃってくださいね♪


kors k

 

beatmania IIDX GATEWAY

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution