The Epic of Zektbach

ニョアの手記

冒険者諸君、ごきげんよう。ニョアだって猫である。

唐突だが、ニョアは雷が苦手だ。
この間の大雨の日、大きな雷が私のすぐ傍に落ちて
オスティヌスを差し置いて、ニョア真っ先に紙袋に隠れてしまった。
その時分Zektbachに
『おお、ニョアよ。頭隠して尻尾隠さずとはまさにうぬの事であるな。』
と言われ、一介の騎士猫であった私にとっては大きな恥辱であった。
これからは雷に対しても勇を呈して推して参る所存にゃ。

さて、今回はSTORYページで新たな物語を追加したぞ。
さらに時系列が分かりやすいように、ニョアが年号を打って置いた。
どうにゃ?これで話の流れは掴みやすくなったであろう。

ちょっと先の話になるが、STORYページとは別に物語を別の角度から綴る場所を用意しようと思ってる。
そこではアリア・テ・ラリアの歴史や国、登場人物、名産品等をより細かく君達に伝える予定だ。
楽しみに待っていて欲しい。

Your songs, setting and story are brilliant,
keep up with your great work.
(詩人Father_viceより)


Nyank you very much nya.
We promise every effort to make wonderful Zektbach world nya.

ニョア様、初めまして
ニョア様は素敵なお洋服を着ていらっしゃいますが
それは何処かで購入されたものなのでしょうか?
もしくは何方かの手作り…?
是非教えて下さい!
(楽師ユーリより)


私が来ている服はノイグラードの伝統的な貴族衣装
ノーブルカーマインを猫用にカスタマイズした特注品である。
私は元来騎士猫であるが故、このような貴族の奢侈文弱な衣装はあまり好まないところだが
記録猫としての作業が多い今は、動きやすく軽いこの服は気に入っているにゃ。

では、久々にエペの鍛練をしたくなったので
今回はこの辺でさらばにゃ!

――――――――――――ニョアの手記 9 ――――――――――――

(2008.09.03)


The Epic of Zektbach -FRAGMENTS OF ARIA TE'LARIA-

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution