The Epic of Zektbach

ニョアの手記

冒険者諸君、ごきげんよう。ニョアである。

オスティヌスに乗って辿り着いたのはテトロア海沖に浮かぶ地図に記されていない小さな島であった。
どうやらこの島にZektbachが謎の集団によって捕らわれているらしいのだ。
島は細長い形をしており、先端には港町があるようで帆船が沢山停泊しているのが見えるにゃ。
周囲の長さは15ジェマ(約10km)ほどしかない。
しかし、この地図にも無い島。手元にある文献を読んでも何も出てこないのである。
帆船が多く停泊しているということは、観光地なのであろうか?
答えは否にゃ。アリア・テ・ラリアのりぞーと王と呼ばれる私に言わせればこんなところに観光地は無いはずにゃ。
さては…この島に非常に怪しい特産品があり、それを秘密裏に運ぶ密輸商業船なのであろうか。
降りてみるまでさっぱり分からないにゃ。
オスティヌスに目をやるとここで間違い無いという意思を示しているので
いずれにせよZektbachがこの島のどこかにいるのは間違いなさそうだにゃ。
とりあえず私達は人目を避ける為に港町の逆側を目指して降下して行った。
港と反対側の周囲を森に囲まれた人気のない海岸、そこが上陸には持って来いの場所だにゃ。
こうして私達は無事海岸に降り立ち、オスティヌスはそのままでは目立つので鳩の姿になり
私の頭の上に乗せていざ島でのZektbach探しが今まさにはじまったにゃ!
まずはじめにすべきことは…

…とりあえず疲れたのでカルカン食べながら君達の便りを見て休憩にゃ!

こんにちわ!ニョアさん。
ニョアさんに質問があるの。超越者リアンに良く似た男の人は誰?
やっぱり、リスタチアやこの世界に深く関係してるの?
(時の精霊ルダインより)


その男の名はヨア。
リスタチアやこの世界には深く関係している。
そればかりで無く、君達の世界にも関係しているかもしれないにゃ。

アリア・テ・ラリアの伝説にある宝玉リスタチアは戦いの武具として用いられ、
4振りの剣に嵌められている画が知られていますが
この他に槍・刀・斧・弓などの武具や鎧・盾・兜などの防具に用いられた事は無いのでしょうか?
(冒険者アキより)


古代の伝説が多く記されている『アリア・テ・ラリアの伝承・神話』という本を読むと
赤き光を放つ世を滅ぼす移動島
赤く輝く空に浮かぶ巨大な石群
赤き眼を持った巨大竜
という記述が見られる為
リスタチアは武具だけでなく、巨大な物を戦いの道具として使う為にも使われていた可能性があるにゃ。
ただ伝承や神話の類は物事を大げさに書いている場合があるので真偽は不明だにゃ。

マタン様がいる時から、何百年も前に滅びてしまったマシノワですが、
生き残っているマシノワ人はいたのでしょうか?
また、その人たちの子孫は如何しているのでしょうか?
あと、マシノワについてノイグラードなどの国々の人は、存在をいつ知り、
どのような印象があるのでしょうか?
この贅沢な質問に答えてくれたら、猫と鳥用のクッキーを差し上げます。
(学院生ルルより)


結論から言うと、実はマシノワ人の子孫は確実に存在しているにゃ。
マシノワのサザラギ機関はマシノワが滅びてからも姿形を変えて
どの時代にも確実に何処かに存在し、世に影響を与えているのだ。
しかし、その事に気づいている人は殆ど皆無である。
ノイグラードでは男の子達がマシノワ刀を紙で作りマシノワごっこするのがどこでも見られる遊びである。
ノイグラードの人々にとってマシノワとは古くに滅びた歴史浪漫あふれる国であり
今なおその文化だけが残っているという印象しかないにゃ。
というのは過去マシノワの全ての歴史書が保管されていた王立図書館の古文書庫で大火事が起き
古くからの伝承や研究の記録が全て灰になってしまったのだ。
その事件の直後に王国直属の歴史家達が新編した『マシノワ全書』という本が発刊され
以来、マシノワの事についてはその本を元に語られる事になった。
しかし私がその『マシノワ全書』を開き読んでみると事実と食い違っている表記が多く見られ
何故当時の権威ある歴史家達がこんな出鱈目な本を作ったのか謎なのだにゃ。

前回の手記の『もしZektbachの世界がげーむになるのなら』という問いには
冒険者達から多くの便りが届いた。皆答えてくれてありがとう!礼を言うにゃ。
多くの人があーるぴーじーと言う中で
『ニョアを飼いならし色々芸を仕込みてれびに出してお金を稼ぐげーむ』という意見があったにゃ。
…ここで言っておくが、私は飼い猫ではない。
記憶猫であり灰色の紳士猫かつ華麗なる騎士猫だにゃ!
カルカンなどで直ぐに腹を見せ喜んで芸をする猫とは違うのだにゃ!
おぼえておきたまえ!

諸君の貴重な意見はとても有難いので、是非また気軽に伝書鳩を送って頂きたいにゃ!
では、今回はこの辺でさらばにゃ!

――――――――――――ニョアの手記 45 ――――――――――――

(2009.06.17)


The Epic of Zektbach -FRAGMENTS OF ARIA TE'LARIA-

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution