The Epic of Zektbach

チャコルの手記

冒険者諸君、ごきげんよう。ニョアである。

「The Epic of Zektbach -FRAGMENTS OF ARIA TE'LARIA-」
の発売日が延期した事を私からも深くお詫びするにゃ。
楽しみにしていた君達には申し訳ない事をした。

その詫びとして、私のしっぽをひっぱっていいにゃ…。
一人222回までで許して頂きたいにゃ…。

今日はしっぽをひっぱられつつ、君達の便りを読む事を頑張ってみるにゃ。

こんにちは、ニョア殿。
いつもアリア・テ・ラリアの名物料理などの紹介をしてもらっていますが、
逆に不味すぎて名物な料理はあったりするのですか?こちらで言う某紳士の国みたいな。
(魔道士七鐘より)

美味しい、不味いは生まれ育った環境による相対的なものなので
一概にどれが不味いかと決めるのは難しいにゃ。
例えばアゼルガットにはシャルバットという独特のほろ苦い味のする伝統の飲み物があるのだが
殆どのノイグラード人はこれを不味い(腐っている)と感じる。
アゼルガット人に言わせればこれほど美味しい飲み物はないそうだ。
しかしである!ニョアは調べたにゃ。
そして誰もが不味いという食べ物を発見したにゃ!
それはテラントア自然主義と言われる自然回帰の人々が滋養強壮の為に食べているクサ虫と呼ばれる虫である。
名前から想像する通りこの虫は非常に強烈な臭いを出す。
食べるのに凄く勇気がいるのだが、口にすると数日間何も食べなくても大丈夫なくらい栄養価が高い。
テラントアの人々はこの虫を大量に捕まえて火で炒めて食べているので
彼らの集落がどこにあるのか、すぐ分かるそうである…。

ニョア様へ、質問があります。
私たちの世界では、『電気』というエネルギーが多くの所で使われています。
『電気』の正体は雷と同じもので、私達の世界ではこれをエネルギーとして利用するのです。
この世界のエネルギー機関はどのようになっているのでしょうか?
またアリアテラリアでは、『電気』及び雷の事について人々はどのように認識しているのでしょうか?
(召喚士アラナギより)

電気の存在については一部の学者達は理解しているようだ。
リーデンブルグの学者達により、自然学と鉱物学から導き出された陶器に
2種類の特別な金属の棒を入れた電池の様なものは既に開発されている。
ただし一般の人々の日常生活に電気というものは浸透していないようである。
アリア・テ・ラリアのエネルギーはまだ自然の力にたよっている。
例えば、船は帆船であり風と潮流によって動いている。
クエイド鉱山からは薔薇鉄などの燃料として使える高エネルギーの鉱物が取れるので
それを巡り過去何度も戦争になった経緯がある。
チャントール氷樹で採取できる氷晶華は解けない氷として食品の冷蔵等に使用されている。
といった具合である。
マシノワのサザラギ機関では非常に高度な人工的エネルギーの研究がされていたそうである。
それは空船の遺跡からの遺物から見出されたものであるそうだ。

私はミヤモトムサシと申すものだ。
おぬしの強さを見込んで手合わせ願いたいと思い、この手紙を書く。
あさっての朝、江戸の外れで待つ。
(騎士ミヤモトムサシより)

とりあえず江戸の外れは千駄木の団子坂で待っていたが、
華麗なる私に恐れをなしたのだろうか、君は現れなかった。
私を恐れるのであればササキコジロウを連れて二人でかかって来たまえ!
待っているにゃ!

ニョア殿、久しぶりでございます。
さて、質問なのですが、ノイグラード風にしん蕎麦ってありますよね。
それの他にも有名な料理ってありませんか?
あと、アゼルガット、ファラリエン、マシノワにも、にしん蕎麦ほど有名な料理、
または名産品ってありますか?
私の住む所では、フルーツと「イモニ」という煮込み料理が有名です。
(騎士royより)

各地の代表的な名産品を紹介しておこう。

■ノイグラード

【王国風ジャマルパッツァ】
 スピアフィッシュと海きのこを香ばしい液体ジャマルで煮込んだもの
【王国風シュラハトプラット】
 ノヴァリーズ産牛肉とココアンナ高原産野菜を上品にかけあわせた料理
【ブリー酒】
 紫色の果実ブリーを発酵させて作ったお酒。高級な物はグローセス・ローラリアと
 呼ばれる。
【白銀の恋人】
 セントリス湖に行った者は必ず買う定番のお土産

■アゼルガット

【プリシュシュ】
 木の実を香辛料で漬けた火を吹くほど辛い食べもの
【プリシュナーネ】
 ナセム族が好むとてつもなく辛い味のパン
【ラタキアホレッシュ】
 ラタキア砂漠で取れるサボテンと鶏肉の煮込み料理

■マシノワ

【ムイ茶】
 マシノワで一般的な解毒作用があると言われる香り高きお茶
【ユナバル風芋煮】
 キノコと里芋を煮込んだ素朴な家庭料理
【ニシンそば】
 ニシンそばはマシノワが元祖。主流である王国風より素朴な味わい。
 今はノヴァリスタ旧市街の店「マチクーブ」で食べられる。
【粘豆】
 大豆を草藁によって発酵させて出来たもの。
【ぼっかけ飯】
 マシノワでは食肉は禁忌とされているがサザラギ機関では定番な料理。

■ファラリエン

【修道院クッキー】
 ファラリエンの修道女が日常的に作るクッキー。

序章では種族戦争によって、ヒュミナ種のみが生き残りましたよね?
だとしたら、ほぼ同じ時代に生きていた
星の民たちは古代8種族の中には含まれていなかったのでしょうか?
すごく気になって頭痛が止まりません!ニョアさん!お返事宜しくお願いします!
(学院生粽より)

なかなか鋭い質問である。
君の言う通り、星の民たちは古代8種族に含まれていない。
古代戦争の戦火にも巻き込まれていない。
クカルが島に踏み入るまで、星の民達は大樹トゥーリと共に閉鎖された空間の独自の存在であったのだ。

アレルギー反応の検査をして参りましたが、なんと、猫アレルギーでした…。
花粉は全く大丈夫だったのに、猫アレルギー…。
猫好きの私としては、まさに悲劇!!!
これ以上の悲しみなど存在するでしょうか!?
そんな私ですが、これからもニョア様を愛してもいいですか?
(詩人yamato=fugaより)

勿論にゃ。猫あれるぎーなんて関係ないにゃ。
私は君達、冒険者諸君全てを愛しているにゃ!
私は愛する君達がこの世界を通して
楽しい気持ちになったり、知りあって仲良くなったり、幸せな気持ちになる事をいつも願っている。
だから、伝書鳩を出した事のない冒険者も何でも私に便りをくれ給え。
どんな内容でも、全て目を通し楽しく読んでいるにゃ!

では、今回はこの辺で。
さらばにゃ!

――――――――――――ニョアの手記 79 ――――――――――――

(2010.03.17)


The Epic of Zektbach -FRAGMENTS OF ARIA TE'LARIA-

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution