The Epic of Zektbach

ニョアの手記

冒険者諸君、ごきげんよう。ニョアである。

さて、諸君も既にご存知だろうと思うが
アリア・テ・ラリアの世界と君達を繋ぐ新たな円盤が届いた。
その円盤の名は…

「The Epic of Zektbach Novel CD Series
~Blind Justice~」にゃ!


第三章ノクスとマタンの物語が、第四章のアンネースに引き続き
素晴らしき声師による名演によって伝えられる事となった!
今回はなんと円盤が2枚!マタン、ノクスとそれぞれの視点で物語が展開されるにゃ。

ノイグラード王国、ノヴァリア、アギオナ機関、ミリアの民…それぞれの思惑がどう絡んでいくのか、今まで明かされていなかった謎もこの円盤を聞けば分かるであろう。

もちろん音楽はZektbachによるものにゃ。
君達は第二章に纏わる新たな調べを聴く事になるであろう。

今回もより一層世界観に浸れるものである。
目を閉じればそこはノヴァリスタ城であり、テトロア海である。

楽曲『Blind Justice』の背景を是非じっくりと堪能して頂きたい。

さて、私は未だ砂漠にいるわけであるが…
君達からの便りは大きな活力となっているにゃ!

ニョアさんこんにちは。
ニョアさんの絵文字をだうんろーどしました。
手記内では決して見られないニョアさんの多彩な表情と華麗な肉球を見ることができてとてもうれしいです。
ところで、ニョアさんは怒っても余り顔に出ないようですね。それはやはりニョアさんが紳士猫だからですか?にゃ ん♪
(猫のアルビレオより)

ニョアの手記にいる私を見て頂ければお分かり頂けると思うが
私は何があっても常に冷静である!
君が私に罵声を浴びせようと、君達の世界に大地震が起ころうと、
目の前にカルカンを置かれようと、わけのわからないものを見せられようと、顔色一つ変えないのが私である。
何故か?
答えは明白にゃ。
私は紳士であるからである!

ニョアさんこんばんは。
以前、我々の世界で肉球を模した物が売られている事に怒っていましたが、
他にも猫の尻尾を模した物が売られ、尻尾好きの人間から尻尾を引っ張られます。
どうやら肉球だけじゃなく、尻尾もびじねすになっているようです。
何とか、彼らの魔の手から逃れる方法は無いものですか?
(猫のししゃもより)

我々猫は今こそ協力して立ち上がるべきである!
この世界、とかく君達のいる『ニホン』という国は猫をびじねすとする輩が多いのだ!
肉球、尻尾をはじめとして、くつしたを履いたねこ、ねこかふぇ、
挙句の果てにはねこを真似た語を喋り紳士達をもてなすニンゲンの乙女達までいるにゃ。
…しかし、これは裏を返せば我々猫がこの国で愛されている証拠でもあるにゃ。
このような状況であるならば、我々は結託しびじねすされる前に自分達でびじねすを行えば良いのである。

ニョア殿に質問だにゃ。
ちょいと前にノクスとアンネースは猫の肉球を触る事が好きと言っていたが
マルクトやリアンや他の皆も肉球を触る事が好きなのかにゃ?
少し前にシャムシール殿に肉球ぷにぷにされたにゃ・・・
(猫のイズモより)

シャムシールの生まれた街アムスは猫が多い事で有名である。
彼女も猫を飼っていたし、街の名産品のキットキットは猫のアクセサリーとして有名である。
なので、一番ぷにぷにしていたのはシャムシールかもしれないにゃ。
マルクトやリアンがぷにぷにしていたのかは不明であるが
クオリアが目覚めていない時にマルクトは子供のように色々なものを興味本位でぷにぷにしていたのかもしれない。

初めましてニョア殿。
私の名前はジェールフィンスと言うしがない旅猫だ。
今宵も一匹、星空の下で眠りに着こうとしている。
独り旅と言うのは、気軽で楽なものだと思っていたが、
実際はこんなにも寂しいものなのだな。
かなり昔に一人の人間と共に旅をしていたが、私よりも先に先立たれてしまった。
今思うと、惜しい者を失くしてしまったものだ。
ニョア殿とZektbach殿達の旅は如何なものか?
今という時間は再び訪れる事は無い。大切にして欲しいニャ
(猫のジェールフィンスより)

過去でも未来でもない。今、この瞬間という時間を大切にする。
私もそう思うにゃ。

話の時系列がわけわからなく
なってしまいました!
わかりやすくどの話がどの年代に起きたか
ということを並べて頂けると嬉しいのですが
(精霊ミョルニアより)

ざっくりと並べるとこんな感じにゃ。

記録不明 『L'erisia(Primal Logic) 』

B.C.2500頃~ 『Ristaccia』
メリウス暦初頭 『蛇神』
メリウス暦140年頃 『Turii~Panta rhei~』
メリウス暦150年頃 『Raison d'être ~交差する宿命~』

メリウス暦701年~『シャムシールの舞』
メリウス暦709年~『ZETA~素数の世界と超越者~』
メリウス暦720年~『Apocalypse』
メリウス暦723年~『Blind Justice』

ニョア氏とニャンニャンしたいのですがどうすればいいですか?
(精霊マールトより)

残念だが、それは私にも分からない。

うおらあああああぁぁぁぁ!!
だああぁぁぁ!!よっしゃあああああぁぁぁぁ!!!
(教皇dibaiaより)

これは随分元気の良い教皇だにゃ!(^ω’)

では、今回はこの辺でさらばにゃ!



――――――――――――ニョアの手記 88 ――――――――――――

(2010.07.22)


The Epic of Zektbach -FRAGMENTS OF ARIA TE'LARIA-

© Konami Digital Entertainment © Internet Revolution